スタイルシートとは:ホームページ作成・基礎講座・HTML・CSS・javascript・SEO対策・SEO対策

超初心者でも簡単にできるホームページ作成,HTML基礎講座 EasyStudyHTML

ホームページ作成 HTML基礎講座 スタイルシート(CSS)

ホームページ作成・HTML基礎・スタイルシート(CSS)・javascript・SEO対策



リストマークスタイルシートとは

スタイルシートとは、Webページをデザインまたはレイアウトするための規格(言語)といえます。
近年、Webページのデザイン的に優れていて見栄えがいいホームページが多くなりました。

HTMLタグだけでも、ある程度なら文字の色、書体、tableタグを使ったレイアウト等のデザインをする事が出来るのですが、限界がありHTMLというのは文書構造を論理的に定義する為の言語であり、HTMLでは「見出し」がどの位置で「画像(イメージ)」がどの位置で・・・といった要素をタグを使って意味付け(マーク付け)するのが目的で、デザインやレイアウトといった指定をする言語ではないのです。

そこで、W3C(World Wide Web Consortium:HTMLの標準化を行なっている非営利団体)がHTMLの方向性について見直しを行い、Webページの見栄えをよくするという事と、文章の意味付けする事を分離しました。
つまり、HTMLは今までどおり文章の意味付けを行い、デザインやレイアウトといった見栄えをスタイルシートが行なう事になったのです。
スタイルシートもワープロ等の「スタイル」機能と同じと考えていいと思います。スタイルシートを利用すればHTMLで不可能だったデザインやレイアウトも可能となります。

補足:1996年にCSS1が公開されましたが、CSS1を拡張したCSS2が1998年に公開されて現在にいたっています。
CSS3も開発中とのことです。

※スタイルシートにはW3Cが勧告しているCSSの他にもあるのですが、一般的にスタイルシートといえばCSSを指していると考えていいと思います。

スタイルシート(CSS)を使用したメリット
・HTMLタグ単独では不可能または複雑な記述が必要だったのが簡単に可能となる。
・デザインファイル(拡張子が".css")として別ファイルで管理する事によって、この1ファイルの修正のみで複数ページに反映される。
・また別ファイルとして管理出来るのでHTMLファイルの記述が複雑にならず、認識率が高まり更新作業が容易になる。
・複数ページのレイアウト、デザインの統一が容易になる。


ページトップへ
TOP | 利用規約(免責) | お問合せ

Agora