ホームページ作成・基礎講座・HTML・CSS・javascript・SEO対策

超初心者でも簡単にできるホームページ作成,HTML基礎講座 EasyStudyHTML

ホームページ作成 HTML基礎講座 javascriptサンプル集

ホームページ作成・HTML基礎・スタイルシート(CSS)・javascript・SEO対策



javascriptサンプル集 clear.gif  
javascriptで定期的な間隔で画像を自動で差し替える
季節や月などの単位で画像を自動で差し替えるスクリプトの紹介です。
サンプルソース
以下に記述するサンプルは月単位で画像が差し替わるスクリプトです。

<html>
<head>
<title>定期的な間隔で画像を自動で差し替える</title>
<!--画像の自動差し替え開始-->
<script language="javascript">
<!--
 function pic_change() {
  d=new Date();
  month=d.getMonth()+1
  document.write('<img src="../images/j_sample_5/' + month + '.jpg">');
 }
// -->
</script>

<!--画像の自動差し替え終了-->
</head>
<body>
画像の自動差し替えbr>
<br>
<script language="JavaScript">
<!--
  pic_change();
// -->
</script>

</body>
</html>

※上記のサンプルソースは月単位で違う画像が表示されます。
まず関数「pic_change()」を定義します。次にPC(パソコン)の日時が格納されている「Data」オブジェクトを作成し、変数「d」に代入しています。
「month=d.getMonth()+1」で変数「d」から月の値だけを変数「month」へ与えています。
変数は"0"からはじまりますので"+1"をする事で実際の月と合わせています。
「../images/j_sample_5/」は実際の画像があるパスを記述して下さい。


※PC(パソコン)の日時を取得し画像を表示しますので日時が正しくないと違った画像が表示されますので注意して下さい。
pcリストマークサンプル表示

ページトップへ
TOP | 利用規約(免責) | お問合せ

Agora