METAタグについて:ホームページ作成・基礎講座・HTML・CSS・javascript・SEO対策

超初心者でも簡単にできるホームページ作成HTMLタグ基礎講座

「METAタグとは」について解説

ホームページ作成・HTML基礎講座・スタイルシート(CSS)・javascript・SEO対策



リストマークMETAタグについて clear.gif
METAタグとはそのホームページ(サイト)の付加情報のことです。
具体的にはMETAタグでホームページ(サイト)の説明・ページのキーワード・著作権表示・文字コードなどを指定します。

※ホームページ(サイト)の全ページに記述して下さい。
※<meta>タグは<head></head>内に記述して下さい。


METAタグの設定例
METAタグで文字コードの設定
<meta HTTP-EQUIV="content-type" CONTENT="text/html;charset=(1)">
(1)文字コードのキーワードを記述
キーワード 文字コード
ISO-2022-JP JIS
SHIFT_JIS ShiftJIS(シフトJIS)
EUC-JP EUC

METAタグでキーワードの設定(検索エンジンに拾われたい単語)
<meta HTTP-EQUIV="keyword" CONTENT="(1)">
(1)キーワード
※検索キーワード。ホームページ(サイト)の内容に関連性があるものにして下さい。
METAタグで検索結果に表示されるホームページ(サイトの説明を設定
<meta NAME="description" CONTENT="(1)">
(1)説明の文章
※ホームページ(サイト)の内容に関連し興味を持たせる内容にするのをお勧めします。
METAタグでロボット検索による検索方法の設定
<meta NAME="robots" CONTENT="(1)">
(1)キーワード
キーワード 検索の制限の意味
all 現在のページとリンクされている全てのページの検索を許可
index 現在のページの検索を許可
noindex 現在のページの検索を許可しない
follow リンクされているページの検索を許可
nofollow リンクされているページの検索を許可しない
none 現在のページとリンクされている全てのページの検索を許可しない
index,follow 現在のページとリンクされているページ共に検索を許可
noindex.nofollow 現在のページとリンクされているページ共に検索を許可しない

METAタグでホームページ(サイト)の製作者の設定
<meta NAME="author" CONTENT="(1)">
(1)製作者名
METAタグでホームページ(サイト)の著作権情報の設定
<meta NAME="copyright" CONTENT="(1)">
(1)著作権者名
METAタグで別のホームページ(サイト)に指定時間後に移動するように設定
<meta HTTP-EQUIV="refresh" CONTENT="(1); URL=(2)">
(1)秒数
(2)移動先のURL
METAタグでスタイルシートの宣言
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
ホームページ(サイト)にスタイルシートを使用する場合は、どのスタイルシートを使用するのか宣言しなければなりません。上記ではCSSを指定しています。


ページトップへ
TOP | 利用規約(免責) | お問合せ

Agora