SEO対策ど施してアクセスアップ! SEOは検索エンジン最適化ともいいます。【Easy Study HTML】

超初心者でも簡単にできるホームページ作成HTML基礎講座 EasyStudyHTML TOP

SEO対策を施してアクセスアップ

Yahoo・Googleなどの大手検索エンジンごとにアルゴリスムが違う!



リストマークSEO対策(検索エンジン最適化) clear.gif

■SEO対策を考慮した考え方

まずどんなサイトを作成するにしてもキーワードを決めます。一つではなく複数のキーワードを決めます。 そのキーワードを各ページに適度に入れ込む。(キーワード出現頻度の調整:目安 5%)

読者対象を絞るのも方法の一つです。年齢・性別・職業などので絞る事が大切です。

YahooやGoogleなどの検索エンジンで上位表示を狙うのであれば、キーワードに特化したサイトを作成するのが重要です。
例えば、美容のサイトを作成したとして美容全般のサイトを作成するのではなく、「肌荒れ対策、ダイエット、アンチエイジング」などといったサイトを個別に別ドメインで作成し、それぞれを相互リンクすればいいのです。そうする事で外部リンクですので被リンク数も増えます。
「浅く広く」よりも「狭く深く」でピンポイントで深い情報(コンテンツの充実)を提供することが、結果として集客につながります。

キーワードに特化したサイト+独自性のあるコンテンツ

キーワードに特化したサイトを作成するのと、それプラス独自性のあるコンテンツもしくは、マニアックなコンテンツがあると自然にそのサイトに人があつまります。

結局は、クローラー(ロボット)に気に入られるように、また「どんなサイトでどんなコンテンツがあるのか」を理解されやすく作成する事がSEO対策であり、上位表示につながるということですね。
しかし、閲覧するのは人間ですから、いくらクローラー(ロボット)に理解されやすいように作成しても閲覧者に読みにくい(理解しにくい)ように作成していては意味がなく、リピーター(再訪問)につながりません。
クローラー(ロボット)にも閲覧者にも理解されやすいサイト作りが必要ということです。

※各種書類などのテンプレートやイラスト、写真などサイトの閲覧者に無料で提供するのを用意するすることでリピーター(再訪問)にもつながるので有効です。


ページトップへ
TOP | 利用規約(免責) | お問合せ

Agora